増加する糖尿病患者|栄養管理で糖尿病の発症を防ごう

オレンジのサプリメント

三大生活習慣病の一つ

笑顔の女性

遺伝子検査で分かること

糖尿病は、高血圧・高脂血症と並ぶ三大生活習慣病の一つです。日本国内でもこの疾患に罹っている人は多く、その疑いのある予備軍を含めると相当な数の人がこの疾患と関係があります。糖尿病に罹ると、血糖値が高い状態が続く、肥満になりやすく、重度の場合は身体の一部が壊死する可能性もあります。この重要な疾患については、今後新たな「予防法」が開発されると期待されています。それは、糖尿病に罹りやすい体質かどうかを遺伝子検査によって明らかにするというものです。糖尿病に関わる遺伝子は研究者によっていくつも発見されており、その遺伝子のタイプをDNA鑑定することで、その人の糖尿病体質が分かると考えられているのです。もし、遺伝子検査によってその疾患に罹りやすいと判明した場合は、それに応じた食生活・生活習慣を心掛けることで予防できるのです。

遺伝子検査で気を付ける点

現代の科学技術を利用した遺伝子検査ですが、その結果の取り扱いには注意が必要です。遺伝子検査によって、糖尿病に罹りやすいと判断された場合、その情報は個人情報として保護されなければなりません。もしこれが外部に漏れた場合、その人が不利益を被る可能性があるためです。例えば、就職面接で受かりにくくなる、あるいは結婚が難しくなる、といった人生に関わる重大な機会に影響を与える可能性があるためです。他には、生命保険に加入できない、といったことも懸念されます。もし遺伝子検査で糖尿病の発症しやすさを知りたい場合は、十分に注意しましょう。しかしながら、一番重要なのは、普段の食生活を健康的なものにして、糖尿病を発症しないように心掛けることです。